ジブリパーク開園まで『あと一年』ここまで出来ている‼最新工事状況


ジブリパークのメインゲートと駐車場の工事状況

愛知県長久手市(あいちけん ながくてし)

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)に建設中のジブリパーク

現在、北駐車場と北エントランスは現在工事中ですが

駐車場の一部は完成していました

奥には、大型バス専用駐車場も整備されていました

下の画像は北エントランスの完成のイメージ

メインゲートとなる場所です

まっすぐ進むと青春の丘のエレベーター棟に

周辺には案内所、飲食スペース、お土産屋さん、売店、トイレの整備

下記画像では少しわかりずらいですが

四つの柱にある『丸い緑』に

ブロンズのオーナメントを制作

この公園の歴史である

1970年の愛知青少年公園の開園

2005年愛・地球博記念公園の会場

2006年のモリコロパーク開園

2022年のジブリパーク開園の

4つのオーナメントが作られる


(C) Studio Ghibli

 

青春の丘エリアの工事状況

エレベーター棟も足場が組まれ工事が始まりました

エレベーター棟正面

エレベーター棟を斜め横から

エレベーター棟を横から

エレベーター棟を下から

 

ジブリパーク『地球屋』の工事状況

映画『耳をすませば』に登場するアンティーク屋さん『地球屋』

屋根まで完成され、大きさ、輪郭がわかるようになりました

個人的な感想なんですが

映画で見て想像していた『地球屋』より、実物はこんなにも

『大きいんだなぁー』と感じました

『地球屋』の裏側、テラス側になります

テラスから見る景色はどうなるんでしょう

テラスからは『ジブリの大倉庫』『魔女の谷』『もののけの里』も見えます

 

ジブリパーク『猫の事務所』の工事状況

下の画像の所には

映画『耳をすませば』に登場する『ロータリー』をイメージした

『ロータリー広場』、電話ボックスや掲示板に電話機や貼り紙等を設置

映画『猫の恩返し』に登場する建物『猫の事務所』が建てられる

猫サイズの為、建物に入ることはできない

小物等もすべてミニュチュアサイズで制作

人間と比べるとこれくらい小さな建物ですね


(C) Studio Ghibli

建物内に入ることはできないみたいですが

外からは覗くことができるのでしょうかね?


(C) Studio Ghibli

 

ジブリパーク『ジブリの大倉庫』の工事状況

こちらも建屋全体が足場で組まれネットで覆われています

この『ネルフ本部』の様な建物は『アイススケート場』の入り口になります

現在も使用されている『ジブリの大倉庫』が完成されても残るみたいです

ジブリの大倉庫エリアの裏手側

『カフェ棟』『休憩所』となるであろう建屋の形ができていました

建築・造園工事もあと半年ほどで終わり

演示工事、展示工事に入るので、建物は次々に完成していますね

ジブリの大倉庫エリアでは

床下の家と小人の庭 映画『借りぐらしのアリエッティ』に登場するアリエッティ

アリアティの家や彼女たちの目線で見た植物の茂る庭を大きなセット


(C) Studio Ghibli

天空の庭では 映画『天空の城ラピュタ』に登場する廃墟となったラピュタの庭園を制作


(C) Studio Ghibli

映画『天空の城ラピュタ』の空飛ぶ巨大な船を全長6.3mのスケールで設置。


(C) Studio Ghibli

その他 子どもたちが映画『となりのトトロ』の世界で遊べる部屋 など。


現在、ジブリパークのプレイベントとなる

『ジブリの大博覧会』が「愛知県美術館」で

過去BLOG詳細記事はこちら

2021年7月17日~9月23日で開催

日時指定チケットになりますBoo-Wooチケットから

最後まで読んでいただきありがとうございます

ジブリパーク案内所

YouTube・インスタグラム・ツイッターも 是非見てください

Instagram(インスタグラム)

twitter(ツイッター)

YouTube(ユーチューブ)

コメントする

CAPTCHA