夏のジブリパークで水遊びが出来る3つのエリアを紹介!水のエリア、噴水、水のひろば、


愛知県長久手市
愛・地球博記念公園(ジブリパーク)での水遊びが出来るエリアは3カ所あります

①こどものひろば(水のエリア)無料
②西エントランス広場(噴水)無料
③愛知県児童総合センター(水のひろば)入館料有

※駐車場は有料


「こどものひろば」の『水のエリア』

こどものひろばの詳細はこちら

利用料金:無料

禁止事項:水鉄砲、水ロケット、紙おむつ
    (水遊びパンツはOK)

 


電車で来られる場合
Linimo(リニモ)
①公園西駅を降りて公園西駅口から徒歩
②愛・地球博記念公園駅を降りて
 園内バス「地球市民交流センター」⇒「水のエリアバス停」

車で来られる場合
西駐車場の一番奥に駐車すると良いでしょう


水のエリアは小さな子供が遊ぶのに最適な場所

深さも5cm、10cm程のところもあり、水遊びデビューの赤ちゃんが水辺に座り
手で水をバシャバシャと楽しんでる風景もよく見かけます。
深いところでも30cm程度なので、小さいお子様でも安心して遊ぶことが出来ます。


暖かくなると休日は混雑している時間もありますが
エリアも広いため身動きが取れないほど混雑するという事はないです
平日は人も少ないのでのんびりと水遊びを楽しめます。
※ちなみに画像はお盆休みです

屋根付きの休憩スペースもあるのですが数が少ないのでなかなか利用できません、
他の方は木陰などに簡易テントを張り、日差し対策をしています
サンシェードテントがあると本当に助かります
(サンシェードの設営OK)※ペグや杭は禁止

  

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)ではイベント時や大芝生でのんびりしたり、
着替えや赤ちゃんの授乳の目隠し場所として利用されており
サンシェードがよく使われており、一つあるとかなり便利です


水のエリアは玉石で区画し作られており
プールと言った感じではなく自然の川原で遊んでいるような感覚です


時間になるとミスト(噴水)が始まり子供たちに大人気


こちらも子供たちに大人気の『大噴水』中に入って登ることもできます


体験遊具も沢山あります。下の遊具は手前のハンドルを右に回すと
放水銃のように水が発射され、的に当てると上のライトが光る仕組みになっています


その他にも様々な体験遊具が色々とあります


売店も繁盛記にはオープンしています
『Mori’S RestauranT』


小さな売店ですが、食べ物、飲み物、水遊び玩具もありの品揃も多く
価格も割とリーズナブルなので助かります


水遊びパンツやサンダルもあります
ペットボトルのジュースも100円

売店がやっていなくても、売店横には自動販売機(ジュースとアイス)があります
御手洗もあるので安心です


「西エントランス広場」にある『噴水』

利用料金:無料

電車で来られる場合
Linimo(リニモ)
①公園西駅を降りて公園西駅口から徒歩
②愛・地球博記念公園駅を降りて
 園内バス「地球市民交流センター」⇒「公園西口バス停」

車で来られる場合
西駐車場


小さなお子様から大人まで何故だかテンションが上がる噴水
真夏の暑い時は着替えもバスタオルも持ってきていないだろう
子供たちが吸い込まれるように、噴水に駆けよっていき
お父さん、お母さんが慌てて追いかけていますが
時すでに遅しの状態の家族を見てきました


『水のエリアの水』は『ぬるま湯』みたいに温かいのですが
この『西エントランス広場の噴水』は冷たいので
はじめは良いのですが、長時間遊んでいると体が冷えるので注意してあげてください
また、テンションが上がって走ったり飛び跳ねたりすると
下がタイルのためすべりやすいので、そちらも注意してください


噴水の近くに、2005年の愛・地球博からくりモニュメント『日本の塔・月』があり
からくり人形が音楽に合わせて約5分間演技をします

演技時間:11時・12時・13時・14時・15時

ちなみに塔の右に見える建物がジブリパークの『ジブリの大倉庫エリア』になります


噴水の近くには屋根付きの休憩スペースがあります


「愛知県児童総合センター」の『水のひろば』

注意事項水のひろばでは上下服を着用

利用料金:中学生以下無料、その他300円
※障害者の方など入場料が免除
※当日に限り再入場可

電車で来られる場合
Linimo(リニモ)
①愛・地球博記念公園駅を降りて
 園内バス「地球市民交流センター」⇒「児童総合センターバス停」

車で来られる場合
北駐車場
※西側に停められると施設に近いです


児童総合センターは0歳から大人も楽しめる施設が多数あります。
愛知県児童総合センター詳細はこちら
水の広場も施設のひとつになります

水場も浅くて小さなお子様も安心して遊べます。
夏場は施設で遊んだ後に『水のひろば』で涼んではいかがでしょう?

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)は水遊びが出来る施設がたくさんあります
是非、着替えとバスタオルを持ってきて楽しんではいかがでしょうか

最後まで読んでいただきありがとうございました
ジブリパーク案内所

コメントする

CAPTCHA