ジブリパーク第一期3エリアは2022年秋オープン最新情報


ジブリパーク第一期の3つエリア『青春の丘エリア』『ジブリの大倉庫エリア』『どんどこ森エリア』は
鹿島建設㈱と契約を締結、契約金額106億5790万円、6月議会で議決後に7月上旬にも契約締結し工事に入る
工期は2022年2月28日まで、

 

続きを読む

モリコロパーク『サツキとメイの家』営業再開


コロナウイルスの影響で営業自粛中であった愛・地球博記念公園(モリコロパーク)の施設ですが

愛知県も国からの緊急事態宣言解除となり。5/16から一部施設で営業再開となりました

モリコロパークきっての大人気施設、ジブリ映画『となりのトトロ』に登場した

「サツキとメイの家」も再開していましたのでお邪魔してきました。

再開初日は生憎の雨でしたが、風情があって良い雰囲気でした

続きを読む

ジブリパーク『となりのトトロ』の「お社」建設予定地はここだ


(C)Studio Ghibli

2005年「愛・地球博」以降、すでに15年運営している「サツキとメイの家」だが、今もなお大人気施設で

休日には県外の方も多く訪れ、時間帯によってはチケットが売り切れてるほどの人気が続いている

ジブリ作品はひとつの施設でこれほどまでの人気ですから、5つのエリアにジブリ施設が多数出来たら、

日本を代表するテーマパークになるといっても大げさではなでしょう、

なによりテーマパークの大きさだけで言えば日本一になります

ジブリパークは2020年(秋)開業予定で5つのエリアのひとつ『どんどこ森エリア』としてはまだオープンしていません

ですが、この『どんどこ森エリア』は殆ど完成状態にちかいのです

「サツキとメイの家」に来られた方なら、下の完成図を見て頂くとわかるように

「サツキとメイの家」「管理棟」「池」「小島」「日本庭園」も、すでにある施設です


(C)Studio Ghibli


 

「サツキとメイの家」展望台からの撮影 (C)ghibli-paerk.net


『となりのトトロ』の「お社」までの階段

完成図中央、十字路から山頂に向かって階段があり、右上に「お社」が確認できる

実はこの階段もすでにあるんです

今回も百聞は一見に如かずと言うことで写真をご覧下さい

続きを読む